別荘で始める民泊運用の理由

はじめに

別荘で始める民泊運用の理由についてご説明します。なぜ旅館業ではなく、住宅宿泊事業(民泊)を選ぶのでしょうか?別荘で民泊運用を始める利点を見ていきましょう。

住宅宿泊事業(民泊)を選ぶ理由

別荘で民泊運用が可能な地域

まず一つ目の利点は、別荘で民泊運用が可能な地域が広がっていることです。旅館業では、住居専用地域や工業地域などでの営業が禁止されています。以前は、住居専用地域にある別荘では民泊運用ができず、諦めるしかありませんでした。しかし、住宅宿泊事業法(民泊)では、あくまでも“住宅”であることが前提なので、住居専用地域にある建物でも別荘運用が可能となっています。これにより、使われなくなった別荘も有効活用することができるのです。

旅館業よりも簡単な手続き

二つ目の利点は、旅館業よりも簡単な手続きです。以前は、簡易宿所の規制が厳しく、申請手続きには時間と手間がかかっていましたが、2018年の法改正により規制が緩和され、簡易宿泊営業の申請がしやすくなりました。民泊の場合はポータルサイトを活用した必要書類のアップロードや届出など、手続きはありますが、保健所や消防署での確認作業や自治体での手続き軽減されます。申請ハードルの低さから、まずは民泊からスタートすることをおすすめします。

別荘の維持費をまかなえる

三つ目の利点は、別荘の運用によって維持費をまかなえることです。別荘を所有していると、維持費の負担が大きいですよね。ですが、民泊運用による収益を活用することで、維持費をまかなうことができます。使われなくなった別荘も貸し出すことで収益を得ることができ、オーナー様の負担も軽減されます。また、貸別荘の人気エリアで運用することで、頻繁に予約が入るため安定収入が見込めるでしょう。

まとめ

別荘で始める民泊運用の理由をご説明しました。住宅宿泊事業(民泊)を選ぶことで、別荘運用ができる地域が広がり、手続きの簡便さや維持費のまかない方など、多くの利点があります。また、別荘オーナー様の要望に合わせた運用方法を提案することで、満足度の高い運用が可能です。使われなくなった別荘を有効活用して、収益を得ることもできますよ。ぜひ、別荘での民泊運用に興味がある方は、私たちにお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. リゾート物件:投資の魅力とそのリターン

  2. 古民家を民泊物件にリノベーションする費用や手順は?

  3. 民泊要件:建物の条件とは?

  4. 特区民泊の全貌解明:認定要件からメリット・デメリットまで詳細解説!

  5. 民泊利用時、外国人を迎え入れる前に押さえておきたいポイント

  6. 貸別荘経営とは?失敗しないために知っておきたい仕組みとメリット&デメリット

詳細はお問い合わせ下さい

電話で相談する

050-5360-0401
受付時間:9:00~21:00(土日祝日も対応)
合同会社ShakeHands
所在地沖縄県国頭郡恩納村字前兼久523-2丸福マンション4F A-2
那覇オフィス沖縄県那覇市久茂地2丁目6−25
宅建免許番号沖縄県知事(1)第5268号
住宅宿泊管理業者 国土交通大臣(1)第F01708号