アウトバウンド

「アウトバウンド」とは、旅行や観光の文脈で使われることが多い言葉で、主に自国から他国への旅行を指します。つまり、アウトバウンドツーリズムとは、ある国の住民が他の国へ旅行や観光に行くことを指す言葉です。これに対して、自国内での旅行や観光を「インバウンド」と呼びます。

アウトバウンドの背景には、異文化体験や新しい景色、料理、歴史などの魅力がある国や地域を訪れたいという人々の欲求があります。近年では、航空機の運賃の低下やLCC(ローコストキャリア)の増加、ビザの緩和など、国際旅行が手軽になったこともあり、多くの人々がアウトバウンド旅行を楽しんでいます。

アウトバウンド旅行は、旅行者本人にとっては新しい経験や学びの機会を提供しますが、訪問先の国や地域にとっても経済的なメリットがあります。観光客が現地での宿泊、飲食、ショッピングなどでお金を使うことで、現地の経済が活性化されるのです。

ただし、アウトバウンド旅行の増加は、訪問先の環境や文化に負荷をかけることもあるため、持続可能な観光の推進が求められています。観光地の自然環境の保護や、地域住民と観光客との良好な関係を築くための取り組みが重要となってきます。

関連記事

  1. ヤミ民泊

  2. スチュワード

  3. コータシー

  4. グリーター

  5. キングサイズベッド

  6. サテライト民泊(サテライト型簡易宿所)

詳細はお問い合わせ下さい

電話で相談する

050-5360-0401
受付時間:9:00~21:00(土日祝日も対応)
合同会社ShakeHands
所在地沖縄県国頭郡恩納村字前兼久523-2丸福マンション4F A-2
那覇オフィス沖縄県那覇市久茂地2丁目6−25
宅建免許番号沖縄県知事(1)第5268号
住宅宿泊管理業者 国土交通大臣(1)第F01708号