キッカー

キッカーとはクレームを言ったり迷惑行為をするなど、扱いが難しい客のことを指す。
不動産取引において予期せぬ問題や不満を抱えている人々を指します。以下は、クレーム客としての「キッカー」の特徴と行動に関する説明です。主に3つのケースで引き起ります。

第一に不動産物件に関する情報や状況が不透明であるか、物件の問題が隠されていた場合にキッカーとなることがあります。たとえば、隠れた欠陥、法的な問題、隣接する不動産からの影響などを発見した場合、クレームを提起する可能性があります。

第ニに、不動産取引において契約条件が満たされなかった場合、クレーム客は契約違反に対する不満を表明する可能性があります。これは、物件の状態が契約で約束されたものと異なる場合や、修復やメンテナンスが適切に行われなかった場合に起こります。

第三に、不動産の価値と期待に不一致を感じることで起こります。例えば、物件の実際の状態や性能が、購入前の期待と異なる場合、クレームを提起する可能性が高まります。

関連記事

  1. ホームステイ型民泊

  2. ジョブケーション

  3. イベント民泊

  4. グリーター

  5. ワーケーションADR(Average Daily Rate:平均客室単価)

  6. キングサイズベッド

詳細はお問い合わせ下さい

電話で相談する

050-5360-0401
受付時間:9:00~21:00(土日祝日も対応)
合同会社ShakeHands
所在地沖縄県国頭郡恩納村字前兼久523-2丸福マンション4F A-2
那覇オフィス沖縄県那覇市久茂地2丁目6−25
宅建免許番号沖縄県知事(1)第5268号
住宅宿泊管理業者 国土交通大臣(1)第F01708号